top of page
  • maikoseitai2416

産後はお尻を鍛えましょう!

産前はお腹にいる赤ちゃんの影響で反り腰がきつくなり、骨盤が前傾してしまうことが多いです。この影響により、いわゆる反り腰姿勢になります。

このため。大殿筋と言われるお尻の筋肉の使い方が変わるため、筋肉の働きが弱くなってしまいます。

他にも弱くなってしまっている筋肉はありますが、今回は大殿筋についてお話したいと思います。


大臀筋は人体の中で最も強力な筋肉の一つで、動的には歩行や座っている状態から起立する時に、股関節を伸展(後ろに引く)させる役割があります。また、走るなどの動作の際に力を与えます。



姿勢的には大臀筋は骨盤、臀部、膝を固定します。 大臀筋は腹直筋と働いて骨盤を後傾させる力はありますが、大臀筋が弱くなると骨盤の前傾が強くなり、それにより反り腰にもなり慢性的な腰痛を引き起こす可能性があります。


当院では産後のママさん向けのトレーニングとしてヒップリフトを推奨しています。


産後のママさんは腰痛が出でいる方も多いので、トレーニングを行う際のフォームはとても重要です。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

Comments


bottom of page