top of page
  • maikoseitai2416

産後に必要なインナーマッスル

妊娠から出産を経て身体の使い方が変わったり、安静にする事も多くなるため、筋力が低下しています。

特に産後1か月目は後陣痛、帝王切開や授乳時の痛みに悩まされるママさんも多く、寝たきりに近い状態が続きます。この期間は身体に受けた傷を回復させる必要があるため、身体を動かす頻度が極端に減ってしまう為、インナーマッスルが弱くなってしまう事で不調が出やすくなります。


検診などで問題がなければ2か月目からはインナーマッスルを強化していく必要があります。

インナーマッスルは身体の深層にあるため、意識的に使うようにしないと強化できない筋肉です。姿勢保持や関節の動きをサポートしてくれている筋肉なので、インナーマッスルの働きが弱くなると、お子様の抱っこや授乳によって腰や肩に痛みが出る方も多くみられます。

頻繁に行われる動作になるので、体幹(コア)を鍛えていく必要があります。





閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

Comments


bottom of page