top of page
  • maikoseitai2416

産後、腹筋の緩みが背中の痛みの原因になる?

産後の骨盤矯正に来られるママさんにお話を伺うと、腰や肩、背中の痛みを訴える方が多くいらっしゃいます。

常時、痛みがあられる方や、お子様を抱いていると痛くなる方、朝だけ痛む方など、個人差があります。なぜ個人差が出るのかと言うと、ママさんの筋肉量や筋肉の柔軟性、骨盤や骨格の歪み方に個人差があるからです。


特に腹筋が弱化すると骨盤の前傾が強くなり、反り腰になりやすくなります。

背骨を支える脊柱起立筋も緊張して硬くなるため、背中の痛みにも繋がると言う訳です。

産後すぐに腹筋を鍛える必要はありませんが、2か月目辺りからは身体のバランスを戻すためにも腹筋や骨盤底筋群などを意識的にトレーニングすることをおススメします。


一般の方も身体を支えるコアの筋肉が弱くなる事で立位姿勢を取った時の身体のバランスが崩れやすくなるため、同じことが言えます。


腰痛や背中の痛み等が改善されない場合は、一度ご自身の姿勢に目を向けてみるのも良いかもしれません

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

Comments


bottom of page