top of page
  • maikoseitai2416

梅雨時期の体調不良に備えましょう

湿気の影響を受けて自律神経のバランスが乱れて交感神経や副交感神経の働きが強く出ることがあります。

特に副交感神経の働きが長く続くと身体が休息状態に入り、活発な状態に移行しにくくなり疲れやすくなったり無気力になったりすることがあります。


晴れの日はお日様の光を少し浴びたり、軽く運動するなどして生活のリズムを整えて

疲労回復効果のあるビタミンB1、吸収を促す作用がある硫化アリルを組み合わせて摂取してみてはいかがでしょうか?


★ビタミンB1を含む食材

豚肉・大豆・ウナギ・カシューナッツなど


★硫化アリルを含む食材

タマネギ・ネギ・ニラ・ニンニクなど


身体に歪みがあると自律神経のバランスが乱れやすくなり、腰痛や背中の痛みも出やすくなります。

少しでも気になることがあれば当院へご相談ください。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

Comments


bottom of page