top of page
  • maikoseitai2416

季節の変わり目のぎっくり腰に注意!

少しずつ、秋が深まり寒さを感じるひが増えてきましたが、お身体に不調はありませんか??


季節の変わり目は不調が出やすくなり、身体を使うお仕事やデスクワーカーの方は腰に負担がかかりやすい状況にあります。


疲労の蓄積や冷えで腰や背中の筋肉が硬くなり循環が悪くなる事で、次第に日常生活でも腰や背中に痛みを伴うようになってしまいます。


このままケアをせず、放置し続ける事でぎっくり腰になるリスクも高くなってしまいます。

重い荷物を持った時にだけなる訳ではなく、くしゃみや咳、体勢を変えようとした時になってしまうことが多いです。


◎ぎっくり腰を予防する方法


・しっかり湯船につかり身体を温める

・お尻や脚周りのストレッチをしっかり行う

・ウォーキングなどの軽めの運動を行う        などがあります。


◎ぎっくり腰になってしまった時のケア


状況にもよりますが、痛みが強く、痛む場所が熱を帯びている場合は、局所に対してのアイシングが有効です。

最低、1時間に1回は氷嚢で熱を帯びている場所を10~15分程度、感覚が鈍くなるまでアイシングするようにしましょう!!





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

bottom of page