top of page
  • maikoseitai2416

子供が踵の痛みを訴える時は??

陸上や剣道、バスケットボールなど踵に負担のかかる競技は沢山ありますが、運動盛りの子供が踵の痛みを訴える時は要注意です。


踵骨(踵の骨)骨端核がアキレス腱や足底筋により牽引され炎症を引き起こす場合があります。これをセーバー病といい、10歳前後の子供に起こる事が多いです。



原因としては、スポーツでのオーバーユース(使いすぎ)や猫背姿勢による踵重心、歩行時の内またの癖などがあります。


初発は軽い痛みでも、日々のケアを怠るとある日突然強い痛みとして現れる事が多いです。

お子様の踵の両側を押さえると痛みが出たり、つま先立ちで歩いたりしている場合は一度この症状を疑ってみてください。


整形外科で確定診断を受けて正しいリハビリを行うようにしましょう!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の腰痛や寝違えに注意しましょう!

この季節、日中は暖かく朝晩は冷え込む事が多いため、身体が十分な柔らかさを取り戻せていない状態で急に動いたりすることで、ぎっくり腰や首の筋違えなどが起こりやすい季節になります。 暖かくなってきているのに腰痛や寝違えが増えるのはこのためです。 ★身体を痛めてしまう主な原因 ①寒暖差‥日中が暖かいからと言って身体の中まで温まっているわけではありません。 朝晩と日中の気温差で身体が対応しきれていない事が多

Comments


bottom of page